愚痴や言い訳を言うのは自分の弱さを正当化するため

  • 2018.06.18

隣の芝は青いという言葉がある。人のものは何でもよく見えるという意味のことわざだけど、自分が直面する現実から目を背けているからそう見えてしまう。 逆に現実に向き合うと、周りはそれほど気にならなくなる。そもそも周りが気になるのは、現実を受け止められていないだけで、現実から逃避するために自分を悲劇の主人公にしているだけ。 そう考えると、ぐちや言い訳は、自分の中にある弱さを正当化するための方便といえる。知 […]

失敗は成功のもととは失敗から何かを学ぶということ

  • 2018.06.17

失敗は成功のもとと言うけど、失敗するのは嫌という人は意外と多いもの。失敗しないように無難にものごとを”こなす”ことが美徳のようにも語られる。 ただ、失敗を恐れて何もしないとそこで成長が止まってしまう。思い出してほしいのは、いま言葉が喋れるのも、歩けるのも幼いときに数多くの失敗をして学んだから。 初めての仕事や初めてのことに臆病になるのは仕方ないこと。でも、失敗を恐れて一歩を […]

不幸だと感じているのは幸せだったときとのギャップを感じているから

  • 2018.06.16

人生は良いときもあれば悪いときもあるとよく言われる。悪いときのことは鮮明に覚えているものの良いときのことは気づかないか忘れてしまうことが多い。 ついつい自分はなんて不幸なんだと考えてしまう。でも、よく思い出して欲しい。不幸だと思うってことは、幸せだと思っていたときがあったからじゃないか。 幸せだったときとのギャップがあるから不幸だと感じているに過ぎない。だから、良いときもあれば悪いときもあると言わ […]