失敗は成功のもととは失敗から何かを学ぶということ

失敗は成功のもととは失敗から何かを学ぶということ

失敗は成功のもとと言うけど、失敗するのは嫌という人は意外と多いもの。失敗しないように無難にものごとを”こなす”ことが美徳のようにも語られます。

ただ、失敗を恐れて何もしないとそこで成長が止まってしまいます。思い出してほしいのは、いま言葉が喋れるのも、歩けるのも幼いときに数多くの失敗をして学んだからです。

初めての仕事や初めてのことに臆病になるのは仕方ないことです。でも、失敗を恐れて一歩を踏み出さないのは、自分の可能性をも放棄することにも繋がります。

失敗することが悪いわけじゃなく、失敗から何も学ばないことが問題です。何も学ばないものは同じ失敗を繰り返します。だから、人の信用を得ることができなくなります。